整体:体は、整えられる

こんな世界で(だからこそ)自由に生きる

先日イトウカイロを来院されたクライアントさん。お体にそれはそれは強い緊張が出ています。施術後にお話をしていて「ああ、先生とお話してたら何だか安心しました」とやっと、笑顔が見られました。

最近は意識してSNSなど追いかけていなかったので「コロナ鬱-うつ-」という言葉があること、別のクライアントさんから教えてもらったばかり。

ここまで世界に拡散されてしまえば、すでに安全な場所もなくなり。収束までの楽観的な見方はどうも難しい雲行きとなって。

でも、そんな中でも。われわれは自分たちらしく、自由に生きていくべきです。少なくともいつだって、私はそうしたいと思っています。それこそが健康です。病気じゃないのが健康、ではないでしょう?

それに、分からないなりに出来ることは決まってきましたから。

心のコロナ対策 ー3つのおすすめ

1.「恐れ」の感情を手放すこと

2.自分で決めること

3.ほかの人をジャッジしない

この3つ。私自身の「心のコロナ対策」として役立っていますし、上記のクライアント様に喜んでもらえた事でもあります。

1.「恐れ」の感情を手放すこと 

「恐れ」という感情は腎に負担をかける、これは東洋医学が数千年前から言ってきたことです。腎はエネルギーの貯蔵庫であります。親からもらった元気も、自分の身体が作りだした元気も腎にストックされています。ここがビビッてしまえば、出る元気も出てこない…ひいては自己治癒力も縮こまってしまいます。

今回のCovid-19 はまだまだ未知のウイルス。致死率が1%とも3%とも(中国で3.8%、イタリアでは8.3%・・3/19時点)いわれています。

では、私たちの「普段の生活」はどうだったのかな?少しネット検索するだけでもいろんな”確率”が…

私たちの暮らす世界の確率いろいろ

・平均寿命を全うするまでに「自動車事故に遭う確率」は死亡事故の確率も含めて「50%以上」、これは驚きの高さ。

(参考:新車・自動車ニュースのWEBマガジン CarMe

・アメリカ国家安全運輸委員会(NTSB)の調査で「乗り合わせた飛行機が墜落する確率」は0.0009%だそうです。 これはかなり低い。

・生涯でがんに罹患する確率は、男性62%、女性47%

・警察庁の2016年犯罪情勢によると、およそ「33万人に1人」が「殺人事件の犠牲者」になる、と考えられるそうです。0.000003%

・そのいっぽうで「年末ジャンボ宝くじの当選確率」は「2000万分の1」つまり0.00000005%…
(参考:年末ジャンボと殺人。当たる確率はどっちが高い?

 

生きてるだけで丸もうけ

前提がまったく揃っていないし、何より「確率のハナシ」で煙に巻かれるの、実は私自身いちばん嫌っているのですが😩こういう時は都合が良いので😆ひとまず並べてみました。つまりは、私たちが生きていくって元々『毎日すごい確率をくぐり抜けている』のですね、という話がしたいのです。

そうした事を一度きっちり整理した上で「恐れの感情」を手放してみる。

極端にいえば「人はいつか死ぬ」になってしまうんですが、そこまで極端でなくとも、いったん恐怖を手放してみる。これまで生きて来られたこと自体が、奇跡みたいな確率の上で続いてきた素晴らしいこと。

このウイルスの致死確率は、当初言われていたより高いかもしれません。しかし「かかったら皆死ぬ」ではない事。何より、この先1年でほとんどすべての人が感染し自然治癒するものである事。これらは新しく分かってきた事実です。

私たちついこの間まで、あんなに気楽に往来を歩いていたじゃありませんか!それでもあなたは50%交通事故に巻き込まれる😅というのに!

恐れの感情にとらわれないために出来ること

まず、テレビを消しましょう。

”新たな感染者○○県で発見!”っていうテレビの緊急速報、本当に必要としていますか?

 

SNSも控えるのがオススメです。恐怖と猜疑心ばかり刺激されます。

ニュースもSNSも、きっと1日1回、3分チェックすれば必要なアップデートは入ってきます。

寝る前に怖いニュースに触れるのもNG。ニュースは明日朝で良いでしょう。寝床にはいい気分しか持ち込んではいけません。ラヴェンダーなどのアロマを香らせるのは、良いアイデアです。

恐れは 私たちの愛を曇らせる

アメリカのポートランドにある独立系レコード店‟Mississippi Records”が一時的な休業を発表した時の、店頭の張り紙。これが素晴らしいので一部を意訳転載しておきます。私も、まったくこういう気持ちなのです。

Mississippi Records Instagramより)

忘れないでください。「恐れ」の感情にとらわれることは「愛」の真逆を生きることになります。
「恐れ」が「愛」を殺します。
「恐れ」こそが、私たちの真の敵なのです。
「恐れ」に突き動かされて何事も「判断」しないこと。
「愛」のもとにものごとを考えられれば、あなたはきっと大丈夫です。

 

さて、私たちに出来ること

もちろん、あなたの治癒力を高めておく事。私たちがお手伝いできます。何より手洗いは一番大事です。周りの人々のためにはマスクは役立ちます。栄養や睡眠も、もちろんです。

でも、まずは「恐れない」こと。トイレット・ペーパーの買い占めなんて、典型的。愛にもとずいて行動しましょう。

相手の正体を額面どおり受け取り、必要以上に怖がりすぎないように。それは必ず、私たちの治癒力の味方になってくれます。

 

こころのコロナ対策<後編>に続きます=


 

yuta-ito-s

空き状況と予約カレンダー

2020年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
09:00
14:00
17:00
27
09:00
14:00
17:00
28
09:00
14:00
17:00×
29
09:00
14:00
17:00×
30
09:00
14:00
17:00
2020年10月
2020年12月


*水曜は定休日

9:00:午前(9:00-12:00)
14:00:午後(14:00-16:30)
17:00:よる(17:00-20:00)

○ まだ余裕あり
△ お早めにご予約ください
× 現在満員
(ご希望の方、お問合せからキャンセル待ちご連絡ください)

カレンダーからそのまま予約することができます。
「日にちとゾーン」のご希望をお聴きし、詳細時間は調整のうえご連絡を差し上げます。

お電話でも、お問合せお受けしております。

046-871-9779

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


Notice: Undefined variable: user_ID in /home/magstation/ito-chiro.com/public_html/wp/wp-content/themes/amore_tcd028/comments.php on line 163