整体:体は、整えられる

人体にあらたな臓器発見?!

ひさしぶりにニュースに驚かされました。こういう”いい意味でのサプライズ”は大歓迎です。人体にあらたな「臓器」が発見されたという驚きのニュース!

ご存知ない方のために・・オランダがん研究所などの研究チームが、頭蓋骨の中に未知の腺が隠れているのを発見した、というもの。

(元記事)人の喉に未知の臓器を発見、オランダ研究チーム発表(CNN)

このあらたな臓器は、がんの転移診断のためのスキャン検査で発見されました。これまでのCTやMRIでは発見されませんでしたが、前立腺がんの転移を調べるPSMA PET/CTという先端のスキャン検査で初めて発見されたのだとか(*_*)

 

記事中では専門家による「テクノロジーはこうした発見を可能にする。これは体内のエキサイティングな発見の始まりかもしれない」というコメントが取り上げられています。もちろんテクノロジーの進歩はすごい。すごいのですが、むしろ私は❝そんな臓器をずっと抱えてきた人体❞の方こそ絶賛したいと思いました。

だって僕のにも、あなたのお身体にも ”すでに””ずっと”その臓器はあったのです。そしてその臓器は当たり前のように役割を果たしてきてくれました(何をしているのかは未知ですが😅)。今も、われわれの喉の奥で仕事してくれてるはずです・・・これには感動😢

仙腸関節を知っていますか?

あまり専門的にお話してもアレなのでイトウカイロの施術現場ではこういう事あまり最近お話してませんが・・あなたの骨盤にも一対あります「仙腸関節」。現場では「骨盤」で済ませてたりするこの部分、背骨の一番下にある「仙骨」と左右の「腸骨」の結合した関節なので「仙ー腸 関節」です。

この比較的大きな関節が、ほんのひと昔前まで❝動かない関節❞と考えられていました。私が解剖学を学んだ頃だって少し古い教科書にはしっかり”不動関節”とありました。動く、動かないで論争になった挙句、今では「動く」で統一されています。その可動域は0.5~2mm程度。たしかに微細な動きです。

でもわれわれカイロや整体、オステオパシーといった手技療法家は昔から日々この関節に向き合っていました。だって、動くことを知っていましたから。どころか、この関節動きの不調が 腰痛、足の痛みやしびれ、坐骨神経痛や生理のトラブル、不妊など、数々の不調につながっているのですから。

そもそも解剖というのは亡くなった人の身体を腑分けして、人体の構造や仕組みを知ってきました。この仙腸関節は歩く立つときにとても大きな圧がかかるため、ぶ厚い靱帯で覆われています。遺体の靱帯はガチガチに固まります。動かしてもビクともしなかった、から動かない、というのが真相なのでしょう。これも動作中のCTスキャンなどの技術が生まれてやっと証明された訳です。

まだまだ未知のからだ。 R-E-S-P-E-C-T👊

何のはたらきがあるのか調べる
調べたかぎり分からない
存在理由の説明できないものは
不要なもの

⤴このあたりの論理の順番が『科学』の怖いところです💧

何より盲腸がそうですよね。ついこの間まで、盲腸(虫垂)自体には機能がなく、臓器の退化したもの…といわれてきました。小学5年の時に虫垂炎を経験していますが、その時もお医者さんは「これからの予防にもなるから」とカジュアルな感じで虫垂切除を奨めてきました(散らしました、とらなくて良かった)。

ところが今では、虫垂は腸内細菌のバランスが崩れたときに,正常腸内細菌嚢に戻すリザーバーの役目をしているのでは?と言われています。これもまだまだ仮説の段階らしいのですが、要らないものなんて人体(自然)にはあまりない、と考えるほうが普通だと思いませんか?科学的すぎるのも危険だよなぁ、という話。

原因不明といわれる病気だって

実際に日々施術にあたる中で、お医者さんには「手術しかない」といわれたような腰痛、たとえば脊柱管狭窄症をもつ患者様が、驚くように改善されるケースがあります。それも割と日常的に。白状すれば、施術させていただいている私にだってどうして良くなったのか説明できないケースもあります(そんな事だらけです😅)。

でも、背骨を整える事によってお身体の機能が高まる・改善される事はわかっています。そこからはあなたの体の自然治癒力の出番。どうしたら良くなるのか、はあなたの体が知っているはず、ここに信仰に近い確信があるのがわれわれ手技療法家、なのかも知れません。場合によってはあなた以上に、あなたの体を信頼している…という場合もあるのです。

長く続く痛み、しびれ。長く患うほど難しいケースも多いですが、構造や機能を手技で整えてみる。そしてあなたのお体にまかせてみてはどうでしょうか?まだお試しになっていないなら尚更、その価値はありますよ。

自律神経の乱れやアレルギー、お医者様には原因がいまいち分からない不定愁訴にお悩みの場合も同様。

私たちはあなたの病気を治すわけではありません。お身体の構造や機能を治します。ちょうどコンピューターに”再起動かける”のと似ているかも知れません。なぜかは分かりませんが、改善するかも知れませんよ!ぜひご相談下さい。

科学との共存

Covid-19への向きあい方でもよく聞く「科学的でない」という言い方。この表現を耳にするといつも「ちょっと待った」と警戒してしまいます。

医療の世界ではどんどんEBMーエビデンスに基づく医療ーが指向されています。確かに、もちろん、それはそうなるのでしょうが。古の手技療法家の手がもつ感覚や、中医学のドクターの神のような脈診などが切り捨てられるのは残念どころではありません。

自然との共存も重大なテーマですが「科学との共存」というのも、もう少し塩梅を考えて見る時期じゃないかな、と考えました。

まだまだ新しい臓器や器官が発見されたら楽しいですね!VIVA!人体

#tubarialglands

逗子イトウカイロでは ー感染症対策ー

・<完全予約制>で施術いたします(不特定多数は集まらない)
・ご来院時すべての方に<まずは手洗い>へのご協力お願い徹底しております🙇🏻
・抗ウイルス・アロマが院内を満たしています
・おひとりお一人、施術後にはベッド回りをアルコール洗浄
・昼休み、クローズ時にはドアノブ、スイッチ類をエタノール洗浄
・湿度はいつも50~60%キープ
・こまめな換気を心がけています(お部屋が寒ければご遠慮なくお知らせ下さい💧)
発熱、喉の痛みなど疑わしい風邪症状のある場合は、事前にご相談下さい
・施術者である私も、毎朝の検温チェックを欠かしません


 

yuta-ito-s

空き状況と予約カレンダー

2020年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
09:00
14:00
17:00×
29
09:00
14:00
17:00×
30
09:00
14:00
17:00
2020年10月
2020年12月


*水曜は定休日

9:00:午前(9:00-12:00)
14:00:午後(14:00-16:30)
17:00:よる(17:00-20:00)

○ まだ余裕あり
△ お早めにご予約ください
× 現在満員
(ご希望の方、お問合せからキャンセル待ちご連絡ください)

カレンダーからそのまま予約することができます。
「日にちとゾーン」のご希望をお聴きし、詳細時間は調整のうえご連絡を差し上げます。

お電話でも、お問合せお受けしております。

046-871-9779

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


Notice: Undefined variable: user_ID in /home/magstation/ito-chiro.com/public_html/wp/wp-content/themes/amore_tcd028/comments.php on line 163