整体:体は、整えられる

今年はすごく・・ありませんか?蚊(*_*)?

 

訪れが遅かった割にスン・・と行ってしまった、それはそれは短い2020年の夏でしたが😢
僕はといえばこの夏、キンカンを見直しました。あの虫刺されのキンカンです。

アロマスプレーで蚊よけ、もいいけど・・

もう秋だというのに今年は「蚊」たちがやけに頑張っています。少し洗濯物干す間にも足首、ひじ、首・・😿
今年みたいに暑すぎる夏は彼らも思うように活動できず、今頃になって必死に仕事している事も理解できます。。

ラヴェンダーやゼラニウムなどの精油の忌避作用から「アロマスプレーで蚊よけ」なんてのも使いますが、まあここまでの事態だと大きな期待をするのも酷というもの。そこで今年はたまたま家にあった『キンカン』ボトルに、久しぶりに頼ってみました。

あなたは『キンカン』って何から出来ているか、ご存知ですか?

キンカンって何で出来ている?

裏返して成分表を見て見れば・・ほとんど、アンモニアです。

アンモニア水 21.3mL
ℓ – メントール 1.97g
d – カンフル 2.41g
サリチル酸 0.57g
トウガラシチンキ 0.35mL

今回勉強して知りましたが🧐アンモニアは‟一部のアリの毒(蟻酸)”には効果がありますが、他には大して効果なし。サリチル酸もカンフルも消炎効果がありますが、おまけ程度😅トウガラシ🌶にいたっては血行促進ですよ。

キンカンは、ほとんどただのアンモニアでした。

これは悪口を言っているのではありません。むしろキンカンを見直した!という話です。といいますか少し感動したのです。だってキンカンは『あなたの治癒力を持ち上げて』くれて効果を発揮するよう出来ていたからです。

 

「患部の炎症を抑える!」とか「無毒化する!」事よりも、患部に刺激を加えて “知覚神経”にはたらきかける。自分の体の一番のくすりは、あなたの中にあります。アンモニアやカンフル、サリチルで患部に涼感を与え痒みを軽減させるとともに、実は

「ここです、ここが刺されてるのよ!」

と脳に知らせて自身の自然治癒力の発露を促す。これがそもそものキンカンの醍醐味だったのです(勝手に言ってます💦)。

 

最近のかゆみ止め事情、実態は・・

いまどき薬局に行けば、虫さされ薬は迷うほど並んでいます。ほとんどがキンカンよりお値段もしますし、効果も強いはずです。

主流は「PVA配合」の外用薬かと。「PVA」なんて言っていますけどこれはステロイドです。

軽いステロイドだ、とはいうけれど副腎皮質ホルモン剤。庭で蚊に刺された位で、私は毎日使いたくはありません(注1)。これらはたしかに強力な”抗炎症作用”があります。よく効くはずです。でも常用したくありません。~αとかついたら要注意です。

その点、キンカンはほとんどただのアンモニア。されどアンモニア。

あなたの脳が「そうか、そこが患部か」と認識してくれれば、あとはあなたの体の仕事。キンカン塗っておけば夕方には「肌に赤みを残すものの痒みは消えている」そんなことが多いです。

 

(注1):もちろんクラゲやハチ刺されなど救急としての抗ヒスタミン剤やステロイドはあるでしょう。

脳はそれほど多くを知覚できない

以前、神経学を学んでいた先生から「500円玉の法則」を習ったことがあります。脳がよく知覚出来るのはせいぜい500円玉くらいの大きさである、と。

昔のおばあちゃん達は米粒や梅干しをこめかみ等に貼って、頭痛や眼疲れを治していました。「あれもツボ+神経刺激が真の目的、脳に知覚してもらえれば良いのだから、たぶん貼るのは何でも良かったのでしょう」と仰っていました。この時、あまり広範囲に貼っても脳には情報が届きにくい、せいぜい500円玉くらいにしとくべきだと聞き、妙に納得したのを覚えています。

昭和によく聞いた「唾つけときゃ治る」という乱暴なアレも、この点で正しかったというべきか?キンカンにも、そんな部分が大いにあるのではないでしょうか?

 

R・E・S・P・E・C・T キンカン✊

キンカンが発売されたのは1930年5月😳(90年前!)「唾つけとけば治る」といわれた時代に、唾を生薬やアンモニアで上位互換したアイデア、だったのでは?

新薬の開発で、今もたくさんの人々が助かっています。素晴らしい。

でも、あまりに効きすぎる薬はそれだけ身体への負荷も大きい、これも肝に銘じておきたい。だから巻物みたいな使用説明書が添付され副作用ケースがずらりと前置きされているのです。

その点、昔からある薬は”やわらかな効果”がいいですね。妊婦さんにも普通問題ないはずです。ロングセラーだけに安全できますね。

あ!キンカンは肩こり・腰痛にも効果あり、です。血行改善、神経賦活してくれますから。臭いけど

イトウカイロの蚊対策。アロマ・スプレーで忌避、刺されたらすぐキンカン、しばらくこれで行こうと思います。

逗子イトウカイロでは ー感染症対策ー

・<完全予約制>で施術いたします(不特定多数は集まらない)
・ご来院時すべての方に<まずは手洗い>へのご協力お願い徹底しております🙇🏻
・抗ウイルス・アロマが院内を満たしています
・おひとりお一人、施術後にはベッド回りをアルコール洗浄
・昼休み、クローズ時にはドアノブ、スイッチ類をエタノール洗浄
・湿度はいつも50~60%キープ
・こまめな換気を心がけています(お部屋が寒ければご遠慮なくお知らせ下さい💧)
発熱、喉の痛みなど疑わしい風邪症状のある場合は、事前にご相談下さい
・施術者である私も、毎朝の検温チェックを欠かしません


 

yuta-ito-s

空き状況と予約カレンダー

2020年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
09:00×
14:00
17:00×
30
09:00
14:00
17:00×
31
09:00×
14:00×
17:00
2020年9月
2020年11月


*水曜は定休日

9:00:午前(9:00-12:00)
14:00:午後(14:00-16:30)
17:00:よる(17:00-20:00)

○ まだ余裕あり
△ お早めにご予約ください
× 現在満員
(ご希望の方、お問合せからキャンセル待ちご連絡ください)

カレンダーからそのまま予約することができます。
「日にちとゾーン」のご希望をお聴きし、詳細時間は調整のうえご連絡を差し上げます。

お電話でも、お問合せお受けしております。

046-871-9779

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


Notice: Undefined variable: user_ID in /home/magstation/ito-chiro.com/public_html/wp/wp-content/themes/amore_tcd028/comments.php on line 163