体は、整えられる

ぜんぶ、スマホのせい??

 

先日、キッチンで娘から指摘をうけました。

「お父さんは、略さないからヘン。」

台所片付けの最中、「タッパーウェアはなるべく重ねて…」と指示していたところ。

たしかに私“タッパーウェア”っていいます。“タッパ”って言いません。メンタムと言わずメンソレータム、ナイナイでなくナインティナイン、ミスチルじゃなくてミスターチルドレン、ELTじゃなくてエヴリ・リトル・シング・・・うーん書こうと思うとよいのが思い浮かびませんが、たしかに意地になって略しません。でも、日本人が何でも略しすぎるのだと思いますけど?

 

――悪いのはスマホじゃない

スマホ、もいつもは「スマートフォン」といいますが、便宜上きょうはスマホで。。

「肩こり」 や 「眼精疲労」「首の痛み」、それらの「元凶」として、最近は「納得の取り沙汰」されるスマホ、です。本当に、姿勢に悪影響があります。自分で使ってみて、痛感しました。私も視力を落としたので気をつけるようになりました💦

「肩こり」「疲れ眼」「首のいたみ」「手のしびれ」「頭痛」・・・これがすべてスマホのせい!とは言い切れませんが、かなりのパーセンテージしめていることは確かです。

しかし皆さんスマホ漬けです。あれもスマホ、これも、何でもスマホ、で「できちゃう」のがいけないのですよね!

・・・でも、悪いのはスマホじゃない、道具ではない。

それを扱う『私たちの姿勢が悪い』のです。

――スマホで首が落っこちそう

電車内など、無心に“スマホいじる人びと”を観察していると、のめり込めば込むほど『首を90°に近い形で折り曲げて』しまっています。

この首を垂らした姿形は、背骨には“最悪”です。上部胸椎が後ろに飛び出して、ロックがかかります。それが首の動きを妨げ、首の骨と関節に過剰な負担をかけてしまいます。ここからは「首の痛み」や「肩こり」へと一直線。そこから連鎖的に「眼精疲労」「頭痛」「うつ」となんでもアリ、です。

 

腕はどこから動く?

あなたの腕はどこから動いていますか?

腕は、背骨では胸椎上部から動きます。さらに胸椎の上から3つほどは、「眼」の重要ポイントです。そして、肩~腕のエリアは、首の骨から伸びる神経によってコントロールされています。このエリアは、決して硬くしてはいけないのです!

 

「でもこの姿勢だって無意識なんだから、自然にまかせた形だ・・」と主張される方もいましたが、いえいえ、自然はそんなに痛みや疲れをださない形のはずですよ。

 

――「ひじ」の位置が重要

 

研究と実践の末、スマホを支える手の「ひじの位置」が重要な事がわかりました。

脇をしめる、といいますか。少し「意識」して肋骨につけて操作する事で、スマホ位置を高く保つ事ができ、首が落ちにくくなります。さらに、画面の向きも垂直に近く保てれば、アタマが前に落ちることもなく、首の関節にかかる負担は確実に減ります。ぜひ身につけて下さい!

……と、クライアントにはお伝えしてきました。たしかに、これでかなり改善できます!

でも、皆さん長く続かない・・・というのが悩みでした。

 

――スマホ呼吸で肩こり知らず

 

最近は考え方が原点にもどりました。なんのことはない、「呼吸」が大切なのです。

これ、言ってしまえばどんな時にもあてはまる身体運用のいろはの・い、ではあるのですが。

スマホを操作するときの「あなたの呼吸」「息」に注意を置いてみて下さい。実際にスマホ手に取って確かめてみましょう。

 

・・・すごく呼吸が浅くなりますよね?

人によってはほとんど呼吸が止まっている場合も。息をつめて集中している、とも言えます。が、大抵は「首が垂れさがって」呼吸をしにくく/できなくしてしまっているケースです。これで、”うつ傾向”も強まるのですよ!

 

スマホ呼吸の練習

 

スマホをもったまま、深い呼吸をキープする練習をしてみましょう。

「呼吸」は、口を閉じた鼻呼吸でよいでしょう。少し強め、長めの呼吸を意識しながら、鼻から息を出します。長めに…。入ってくる息は、あまり監視せずありのままで。ただ、肺を膨らませる、というよりはカラダ全体に“満ちてくる”イメージでよいでしょう。

画面をみつめていても、スクロールしていても、何か書き物していても。意識を少し、呼吸に置いておく感じ。
姿勢が崩れてくると、必ず深い呼吸ができなくなります。呼吸をセンサーにして、姿勢を保ちます。

 

スマホ呼吸 というには普通に「質のよい呼吸」なのですが!保つには少々訓練が必要です。楽しみながら実践してみて下さい。1週間続けるだけで、変わってきますよ!

 

長くなったので,続きは こちらで

『スマホ肩こり、スマホ首、スマホ眼疲れはこうして治す2』  Coming Soon!

 

 

 

yuta-ito-s

空き状況と予約カレンダー

予約希望日とゾーン

2017年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
09:00
14:00
17:00
22
09:00
14:00
17:00
23
09:00
14:00×
17:00×
24
09:00×
14:00
17:00
25
09:00
14:00
17:00
26
09:00
14:00
17:00
27
28
09:00
14:00×
17:00
29
09:00
14:00
17:00
30
09:00
14:00
17:00×
2017年8月


*水曜は定休日

9:00:午前(9:00-12:00)
14:00:午後(14:00-16:30)
17:00:よる(17:00-20:00)

○ まだ余裕あり
△ お早めにご予約ください
× 現在満員
(ご希望の方、お問合せからキャンセル待ちご連絡ください)

カレンダーからそのまま予約することができます。
「日にちとゾーン」のご希望をお聴きし、詳細時間は調整のうえご連絡を差し上げます。

お電話でも、お問合せお受けしております。

046-871-9779

ご予約お待ちしております。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。