整体:体は、整えられる

1対1の施術であることから、開院時間を縮小しながらOPENしています。

4月13日より、開院時間を縮小しながら施術を続けています(5月連休明けまでを予定)。

事態の推移は睨みつつも、お身体の調整・メンテナンスを求められる限り、お応えしたいと考えます。病院のキャパシティが足りていない今だからこそ。ご希望時間に予約が取りにくいなどのご不便もあるかと思いますが、ご協力に感謝いたします。
(4月16日追記)

イトウカイロの感染症対策は下に ↓ 記しました。とはいえ皆様ご来院時の自衛策はどうかばっちりで🙏
・前後のクライアント様とのご予約間隔も、念のため出来るだけ空けてまいります。
・お車でお越しの方。専用駐車スペースはありませんがご相談下さい。イトウカイロ真下まで入れるケースもございます
(ここまで4月7日追記)


逗子イトウカイロは通常以上に気をつけてOPENしています。

土・日・祝原則オープン。水曜定休。
完全予約制。不特定多数との接触はありません。

院内ウイルス対策は下☟

 

今こそ、頼みは自身の治癒力

こんな事、テレビでいま誰も言っていないとは思いますが・・

こんな時こそ、あなたの自然治癒力を最大に保つための「背骨を中心としたお身体の調整」が大切。身体の隅々まで神経エネルギーが行き渡り、深い呼吸ができる。治癒力高くキープするにはそんな体でいないと!という思いでおります。イトウカイロの施術は「不要不急」の用事なんかじゃないんだぜ!という自負もあります。

とはいうものの

とはいうものの。

昨日お体調整にいらした I様。鎌倉で飲食店(美味しいお店!)を営まれる明るい女性です。先の週末も営業されていましたが「とても苦しい心持ち」だったそう。逗子で開け続けている古書店の店主とも同じ話をしたばかり。みんな頭を、心を悩ませています。

昨日はあらためて、都内「ライブハウス」「バー」「ナイトクラブ」などへの利用「自粛要請」が出ました。一方で日本政府からの国民への「現金給付」はまた先延ばしになったとか。収入も絶たれ、いま本当に困っている人たちの不安がどうしてイメージ出来ないのか。

I 様も私も業種は違えどいわゆる「フリーランス」業態です。

この心境、東京・谷中の書店「ひるねこBOOKS」さんが、本当に上手に心の内を表現されていました。もうご存知の方も多いかとは思いますがシェア &一部抜粋させていただきます。

店舗の売上は無くても、固定費は確実にかかります。誰も足を踏み入れずとも賃料が、照明をつけずにいても電気代が、インターネットを使わなくても通信費が発生します。休業することは単純に収入が「0」になるだけでなく、日々マイナスを積み重ねていくことです。

そのような状況において、一時的にであっても休業を選択することは苦しい決断です。平時でさえそうなのですから、現在のような先行きが見えない事態において、いくら「感染防止のため」とは言え、「休む」ことは精神的にも経営的にも非常にストレスがかかります。

しかもそれが、あくまでも「自粛を要請」なのですから、言葉通りに従えというのも無理がありますし、「営業します」というお店が責められるいわれはありません。店舗に営業を控えてほしいのであれば、そこに「売上補償」がセットでなければ意味がありません。今月の、来月の、家賃や光熱費の心配をしているのに、そこに対して国や自治体からのケアが何も無ければ、どうやって生きてゆけばよいのでしょう。体力のない店は死ねというのでしょうか。個人の顔が見える小さな店をそうやって淘汰していたら、後には何が残るでしょうか。

「ウィルスに感染するかもしれない」「広げるかもしれない」という不確実なリスクよりも、「売上が無ければ潰れる」「生きていけない」という確実で切実な、現実。店はどちらを優先することになるでしょうか。答えは火を見るよりも明らかです。生活の担保について語って初めて、「だから休んでも大丈夫」と言えるのではありませんか。そうでなければ従う義理はありません。(hirunekobooksのnote より)

 

ひるねこBOOKSさんはその上で”週末の休業”を選ばれましたが、休んだお店も開いているお店も「善し悪し」でジャッジされるような事がないと良いな、と強く感じています。正解がない中、みんな頭を悩ませ決めた事なのですから。本屋さんも、レストランも、うちみたいな治療院も、あなたの健康に大きな役割を果たしているのですから。

 

病院という最前線で頑張ってくれている医療現場の方々。いつも謝ってる薬局の方。
小売店。知恵をしぼってテイクアウトに力入れてる飲食店。宅配便スタッフの皆々様。
本当にありがとうございます。感謝の言葉を伝えよう、といつも以上に日々、感じています。

イトウカイロも先日「ああラクになった。こんな時に開けていてくれて、ありがとうございます」なんてお言葉頂き、もうちょっとで涙腺決壊するところでした(耐えたけど💧)。

 

今後の状況は、日々移り変わる状況を見て相変わらず悩んでいく事になりましょうが、はじめに書いた通り当面通常どおり皆様の健康のためオープンしていく所存です。方針に変更が必要となれば、その時はここにお知らせさせていただきます。

皆様どうかご安全に。
「何かの表面に触ったら、必ず手を洗いましょう!」

逗子イトウカイロでは

・<完全予約制>で施術いたします(不特定多数は集まらない)
・ご来院時すべての方に<まずは手洗い>へのご協力お願い徹底しております🙇🏻
・抗ウイルス・アロマが院内を満たしています
・おひとりお一人、施術後にはベッド回りをアルコール洗浄
・昼休み、クローズ時にはドアノブ、スイッチ類をエタノール洗浄
・湿度はいつも50~60%キープ
・こまめな換気を心がけています(お部屋が寒ければご遠慮なくお知らせ下さい💧)
発熱、喉の痛みなど疑わしい風邪症状のある場合は、事前にご相談下さい
・施術者である私も、毎朝の検温チェックを欠かしません

既にご予約いただいていても、ご不安や困難を感じる方はどうかお気軽にご相談下さい。どんな選択も尊重させていただきます。

こんな時こそ、ご自身の自然治癒力を上げておくことが何より大切です。あまり混雑しないような時間帯に「自衛はばっちり」で是非、整いにいらして下さい。お背中丸めて歩いてませんか?そんな背中じゃ自然治癒力も鈍ります。カイロでお背中整えて、あなたの治癒力100%で生きましょう。

 


 

yuta-ito-s

空き状況と予約カレンダー

予約希望日とゾーン

2020年5月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
09:00
14:00×
17:00×
2020年4月


*水曜は定休日

9:00:午前(9:00-12:00)
14:00:午後(14:00-16:30)
17:00:よる(17:00-20:00)

○ まだ余裕あり
△ お早めにご予約ください
× 現在満員
(ご希望の方、お問合せからキャンセル待ちご連絡ください)

カレンダーからそのまま予約することができます。
「日にちとゾーン」のご希望をお聴きし、詳細時間は調整のうえご連絡を差し上げます。

お電話でも、お問合せお受けしております。

046-871-9779

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。